不動産投資をはじめたばかり

不動産投資をはじめたばかりの方が市場の勘所を捉えるためには、取引経験を積み上げる事が必要です。
あらかじめ危機に気付けるようになるには、負けを重ねる事も大切です。
当然、間違いをするといっても持ち直せないほど重大な失敗をする事は出来ません。
取り戻せるほどの間違いを数回積み重ねることが結論として自分自身の場数を増やす事が出来ます。
この考えではまずは少額で売買を行いこれによって簡単な損をすることを推奨します。
ひとつの例として、100万円だけしか投資資金がない人がいきなり100万円を全部使って投資すると、間違えた時二度と取り返せない危険性があります。
それより、一例として10分の1ずつ分割して売り買いしてエントリーを積み重ねた方が、損をカバーする手法なども習得できるはずです。

まずはじめにわずかなお金で取引する事の良いところは、先に記したように、経験値を高め損を管理する方策を身に付けていく事にありますが、トレードの回数を多くして偶然性を少なくできるという長所もあります。
仮に、1度だけの投資取引で儲けられる確率が5割だとしましょう。
同じだけ損するリスクもあります。
勝率50%ということは五分五分の確率で勝てることを意味していますよね。
ですが、「全部の資金を投じて1度だけの投資をする
ということは、明確な勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。
それは1回だけの丁半バクチと同じ。
結局のところ、全ての資金をつぎ込んで1度だけしか勝負しないとその分だけ負ける危険性が高くなってしまいます。
これを回避するために、お金を全てつぎ込むのではなく少しずつ分けて、機会を多くすることがリスクヘッジとなります。
ただし数回に分けたとしても、全てのトレードでプラスにする事は大切ではありません。
というか、全て勝つことは出来ないのが本当のところです。
売り買いで重要なのは、勝った回数ではなく、どのように儲けるかである。
勝半5割でも或いは勝率5割以下でも儲ける事は出来ます。
それ以上負けても損失が少額ならば、3割の勝ちの利益の大きさで十分に儲けられる。
そのために重要な事は、損失を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。
損が出たら即損切りできるよう売却し、それとは反対にプラスになる場合はなるべく大きく利益を出す事が、経験の浅い方が不動産投資で儲ける極意です。